冬に美味しいもの、といえば、やっぱり海の幸でしょうか。

日本海の荒海にもまれた魚たちは、脂がのって美味しいですね。

冬の味覚の代名詞と言えば、「かに」
越前ガニやマツバガニ、タグのついた「ブランドもの」だと
2万円オーバーのものも当たり前にあります。
刺身やしゃぶしゃぶ、鉄板焼きなど調理法も素材を生かした
シンプルなものが多いですね。

カニは美味しくて好きだけど、殻が邪魔で・・・という方向けに
殻をむいて食べやすくしたカニがネットで人気です。

でも、殻をポキッと折って上手に身を取り出せたときの喜びは
味わえないんですけどね^^


これから海が荒れる頃、北国では「寒だら」が最盛期を迎えます。
西日本の方にはあまりなじみがないようですが、東北北海道辺り
では、冬のポピュラーな魚です。

白身の魚はあっさりしていますが、アラと呼ばれる内臓や骨、皮
まで放り込んだ「どんがら汁」は冬の醍醐味。

本物のどんがら汁はアラしか入っていませんが、それではちょっと
寂しいので、お店でいただくものには切り身も入っているものが多
いようです。

白子が入っていたら超ラッキー、みたいな(笑)

寒だらの卵は「真だらこ」と呼ばれ、酒と醤油に漬けてイクラの
ような食べ方もします。
ご飯にかけると食べ過ぎますよ~

魚でもカニでも、オスは値が高くメスは安いのが標準ですね。

美味しい卵が入っているのに・・・


冬に美味しいものは魚介だけではありません。

長ネギや白菜など、冬に甘みをまして美味しくなる野菜は鍋物に
ぴったり。
洋風に熱々のグラタンなんかにしても格別のお味ですよ。

大根も寒くなると美味しくなりますね。
ぶりと煮込むとお酒が進みます。

そう、冬は新酒の季節でもあります。
寒い夜に温かい鍋と美味しいお酒。
日本人に生まれてよかったと実感する瞬間です。

日本酒の副産物、酒粕も体を温めてくれる冬にうれしい食材です。
汁物や焼き物、漬け物といろいろな料理に使えますし、
砂糖と混ぜて甘酒も作れます。

寒くて辛い季節ですが、今しか味わえない美味しいものに囲まれて
いる、うれしい季節でもあるんですね。

ワンピース 通販 レディース

金属加工を行っている会社を比較!

結婚相談所 ヴィーノ

フコイダンが今人気を集めています

動画制作